2007年10月29日 (月)

実家にて

先週より東京の実家に来ています。毎回のことなのですが、こっちは寒いねぇ~。また上着買わなくっちゃだわ。

実家には3匹の猫がいました、ポコ、パク、コロ。母猫のポコ、子供のパクとポコですが、そのパクとコロも17年?のご老体。そのコロちゃんがこの夏、息をひきとりました。

彼のお墓にお参りしてきました。動物ばかりの墓地で、石碑を構えた立派なお墓もありますが、我家のはマンション形式に並んでいるところです。

Pa280730

いちばん左がコロ。右に猫のミーコ、その右に犬のククが眠ります。コロがミーコやククに会うのは天国が初めて。可愛がってもらってね。

こちらへ来る前日のこと、

ご飯を食べ終えた我家の猫、菊から、何かがコツンと落ちました。キャットフードが身体についてきた?

え? なに? これ、なに? まさか、キバ?

菊ちゃん、ちょっと口見せて。うそぉ、キバが折れた?抜けた? どーしよう。

慌ててキバが抜ける現象を調べるも、歯周病や老化によるもの、としか出てきません。菊はまだ4歳(人間で30才)。穴の開いた場所を気にはしているものの、痛がる様子は見せません。調べる限り、キャットフードを食べる家猫にキバは要らないとのこと。

それにしても‥ やっぱり気になります。

夏に逝ったコロちゃんを想いました。菊も近い‥なんてことあるのかしら。すごく怖くなりました。今居る者、一緒に居て当たり前の者が、目の前からいなくなる。いつかそういうときが来る。

翌朝、菊はいつもと変わりなく、元気でした。そして、「私、お昼寝中だもの‥」と言わんばかり、見送りもないまま、私は東京へ向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

月とうさぎと猫

「アメリカで菊ちゃんが大人気だった」と、鼻高々に夫が出張から戻りました。聞けば、あちらで猫好き夫婦と食事をした席で、我家の姫「菊」の写真を見せたら、「かわい~、かわい~」と評判だったとか。

「じゃぁ、菊のアルバムを作って送ってみようよ。もっとカワイイ写真を見てもらおうっ」とは私。あはは、揃って親バカですな。

昔の写真を整理してたら、こんなのを見つけました。

1424269_img

兎の箸置きを撮っていたら、転がしてみたくて仕方のない菊。この直後、ちょちょいと手が出ちゃったのでした。

今夜は十五夜。ただ今、菊とお月見を愉しんでいます。うさぎ、見える?

こっちは? うさぎに見える? ↓

Img_1536_2

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

幸せの寝顔

明け方になるとやってくる「みゃ~ん(≡^・^≡)」。「ここで寝る?」

Img_1225

お礼のつもりなのかひとしきり私の腕を舐めてくれた後(ちょっと痛いんだけどネ)、小さな寝息をたてはじめる。

時折、身体がびくっとしたり、ミンミンと寝言を言うのは人間に同じ。

起こされた~という思いは安心しきった寝顔に打ち消されていく。

Img_1229

最近の菊の流行りはこれ。カーテンに隠れてるつもり。

Img_1235

Img_1248

っていうか、家族で流行っているみたい。

| | コメント (2)

2007年1月21日 (日)

菊の一日

猫の菊ちゃん。

名前は「菊(きく)」ですが、ずっと「ちゃん付け」で呼んでいるので「菊ちゃん」でワンワードのようなもんです。

菊の一日は「ご飯食べて、トイレ行って、寝る」。私が忙しく走り回っていても手伝う気持ちは沸かないみたい。長~い時間が経って、一度か二度寝返りを打っただけの菊ちゃんを見ていると、「そんなに焦ることもないのかもしれない‥」と感じるのです。

Img_0113

| | コメント (0) | トラックバック (0)