« 2008年9月 | トップページ

2008年12月21日 (日)

次はきっとソロコンサート

著名な方々の推薦による新人コンサートへ。ピアノ以外にもマリンバ、声楽、フルートなど。ピアノの先生のお嬢さん(高3)が出演されるので誘っていただきました。

お嬢様はトップバッター。リストの「巡礼の年」より「タランテラ」。堂々とされて、すばらしい演奏でした。コンクール経験が豊富なのもあるのでしょうが、舞台人を心得ているようで、魅せる演奏。「舞台は観るもの」だと、いろんな出演者がいると、よけいに感じますね。

大学が決まっているので、当分は学生生活ですが、ソロコンサートも近いのかなぁ~とワクワクしています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

ピアノの練習日記 12/17

「いよいよ、ツェルニーは40番ねっ」と言われてから、でもお稽古場クリスマス会の「ベートーヴェンソナタ」もあったり、先日名古屋での弾き合い会もあったりでツェルニーは休止状態でした。そこへ、リストの「即興的ワルツ」を持って帰ってきてしまい‥ 10日やそこらで2曲譜読みなんてありえないんだな~。

ツェルニーに特化!したつもりでしたが、毎度のことで、ほとんど形にならずにお稽古日を迎えました。

ツェルニー40番より40番

今までの練習パッセージを寄せ集めたような曲。不得意な動きがある一方で、比較的得意な並びも含まれているのは、不得意ばっかり~より楽にも思う。ただし、曲が長いのだー。今までツェルニーではオーケストラをあまり意識することはなかったのだけど、これはいろんな楽器がでてくるので、それをイメージするのは楽しい作業。

30番から数えて70曲って感激upといつだったか言ったらば、「でもツェルニーさん、こんなの1000曲も作ったのよぉ」と。とほほdown

それでもこれだけ習うと、ここはカツンと弾いたほうがいい、とか、これをレガートにしたいときは後の音に気をつける‥とか、いくつか知識はついたように感じる。こういう基礎がいろんな曲に自由に応用できたらいいんだけどね。毎回、先生に同じ注意をされてしまいます。

  • 5小節‥ 左手ドー・ファッドッラッファの頭の音ド♪はcresc.の始めではあっても大事な音。アクセントで強調する。
  • 7小節‥ 左手オクターブ和音ド♪のタイミングで右手を跳ね上げ、勢いを出す。
  • 21~24小節‥ 1音目スタッカート和音はアクセントペダルをつける。
  • 41・43小節‥ 2小節で1単位。頭にアクセントペダル。左手のスタッカートはコントラバスやトロンボーンの低音楽器。曲出だしの高音スタッカートより重めに長めの響きにする。

来年は14日スタートです。お正月は譜読みだわぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

音楽に浸る週末

すっかりご無沙汰してしまいました。

特別忙しい‥わけではなく、ブログが面倒になることってありますよね? なくても生活できる!に成り下がってしまうdownとき。次のお稽古から書こう‥が、また時間が経っちゃったり。

でも、この週末は、そんなこと言ってられないほど刺激的thunderでした。

昨日、土曜日はピアノのオフ会に参加しました。

新幹線で名古屋まで、はちょっとした旅行気分。一人旅ってのは身軽だわぁ。

総勢12名。数年ぶりにお会いできた方も、初めての方ともあれこれお話できて、心のこもった演奏にはワクワクしっぱなし。この曲大好きheart04~があったり、そんな作曲家訊いたことないsign02を教わったり、あっという間に時間が過ぎていきました。

音楽とは不思議なもので、

だって5年前に一度だけお会いしただけの方と出会って、いきなり、話の続き!ってできますか? 普通。

こういうことが当たり前のようにできてしまうんですよね。演奏を聴かせていただくと、その方の人となりが伝わってくるし、拙い私の演奏を聞いていただくと、もう他に隠し事はありません!着飾る必要はありません!のような素直な気持ちだけで接することができるのです。

また皆様とお会いできますように☆

そして、今日、土曜日はお稽古場の弾きあい会でした。

私は「ベートーヴェンのソナタ6番第3楽章」で参加。譜面台に置くコピーに、注意点を書き込もうと思ったのですが、弾き始めたらどうせ見る暇はないし、ページごとに大きくお顔をマーカーで描き入れました。最初のページはconfident、次はcatface、そしてbleah、最後はsmileってな感じです。そんな気分で弾きたくて。

昨日オフ会で弾かせていただいたのと、演奏前にたっぷり走ってきた(ウォーミングアップ)のが効いたのか、楽しく弾いてこれました。

2日間、子供たちの面倒をみていてくれた夫に、大感謝です。おかげで、音楽三昧な時間を過ごすことができました。

ところで、私の最近ですが、

ツェルニー40番は39番に◎をもらい、今日の演奏会のためちょっと休止、次回は40番をみてもらいます。譜読みを急がなくては。

小人の踊り(リスト)は、これ以上成長なし!と思われてしまい一応終了。同じリストの「即興的ワルツ」を習います。「初リストで小人の踊りってのはないわけよ~」というメッセージでしょうcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ