« ピアノの練習日記 9/17 | トップページ | 音楽に浸る週末 »

2008年9月26日 (金)

ピアノの練習日記 9/24

前のお稽古から1週間。しかも連休が入る(=いつもの生活とは違う)週となり、あまりピアノに触れずにお稽古となりました。

なぐさめ - ブルグミューラー25の練習曲

左手に持続音のある細かい動きなんてできないわ~weep。練習開始3日目、右手がノンレガートなら左手がだいぶつながるように。ただ、指示はないけど、レガートじゃないとおかしい。4日目、右腕をだいぶ揺らすことでレガートっぽくなってきた。子供用の曲だからか、小さな私の手でさえ余ってしまう指使いに、あーでもない、こーでもない。子供ってこんな難しい曲弾いちゃうんだsign02 尊敬。

「ちょっと元気よすぎるかも。元気がない様子、なぐさめられる音、徐々に元気を取り戻していく音をつくってみて。」

先生に言われてハッとする。音を追うこと、つなげることに終始していて、音楽を奏でる気持ちに欠けておりました。

私が持っている楽譜は、その昔、ピアノのお友達とのオフ会で遊んでもらった「2台のピアノのためのブルグミューラー」というもの。第1ピアノがオリジナルで、第2ピアノに伴奏が入ります。

先生に伴奏を担当していただき、合わせてみる。うゎ~、なかなかキレイな曲じゃないup 

嘘をついた何十年の後に本当の◎をいただいてスッキリした気持ちになれました。

小人の踊り - リスト

危険信号thunder 音はずしまくりのくせにいつの間にかテンポがあがっていて落とせないよ~。うろ覚えだった音をさらい直し、弾くたびに変わる指使いを暫定的でも正し、ペダルをつけたら時間切れーーー。速く弾くことが目的となってしまい、何をどう練習してよいのか習ってこないと次に進めなくて、だから間が1週間だったのはありがたかったです。

  • 出だしはソフトペダルを。音を出すのが怖くてかすれてしまうのはもったいない。
  • 6小節目の頭の音は5小節目の頭と同じ強調を。
  • 17小節の cresc.はその後のフレーズ全体を指したもの。音が上がるとともに小さくcresc.を繰り返すが、アクセントのド#♪が目立つような調整をする。
  • 21小節‥ 変化を効果的に聞かせる「間」をとる。
  • 22小節‥ 右手の第1音は響かせる。2拍目はppで勢いよくcresc.をかける。左手の2拍目は短く切るが、ペダルは放さないで右手のcresc.を助ける。
  • 25~26小節‥ pからスタート、cresc.の頂点は左手のアルペジオ和音。右手の下降で再度pまで落とし、上昇とともにcresc.を。左手の和音は「開く音」なのか「閉じる音」なのかよく聴いて表情をつけていくこと。

次は中間部をみていただく予定です。 

|

« ピアノの練習日記 9/17 | トップページ | 音楽に浸る週末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197994/24024137

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習日記 9/24:

« ピアノの練習日記 9/17 | トップページ | 音楽に浸る週末 »