« ピアノの練習日記 7/2 | トップページ | ピアノの練習日記 8/6 »

2008年7月21日 (月)

ピアノの練習日記 7/16

暑くてピアノどころじゃないわ~が正直なところcoldsweats02

ツェルニー40番より37番

36番がすぐ合格◎するなんて予想だにしなかったから、37番の準備なんて何もしていなくって、2週間でどこまでできるか?勝負なのに子供が熱、1日のスケジュールが狂ってしまうとピアノの時間がとれない、焦る、焦る。

曲の雰囲気としては、春風とかコップで氷がカラカラなる音とか、さわやかなはずなのに、ちーっともそうならない、どころか、未だ指が迷う状態でのお稽古となったのでした。

「メロディーとなる5の指(高音)に意識がいきすぎて、1-3-1 1-2-1 の音が薄すぎる。意識を1の指の位置にもってきて、高音を5の指が弾きに行く・そしてすぐに1へ戻ってくる、ように。」

ソナタ Op.10-2 第2楽章・第3楽章 - ベートーヴェン

途中で止められることのないまま第2楽章を弾き終えると「そのまま3楽章を」との声。あ?え? 気持ちの切り替えができないまま3楽章後半でつまるところでストップ。

「ごめんね。でも色の変わるところが個人的に好きだし、続けて弾くときに大切な『間』となるでしょ。全楽章通すための練習もしないとね。」 はは、ごもっともです。

第2楽章は合格◎をいただきました。

ご興味がある方はこちらをどうぞ → ソナタ Op.10-2 第2楽章 ← クリック

続いて、第3楽章。

  • 53小節‥ 1の指を放すのが遅くて高音メロディーにレガートがかけられていない。右手だけで2声を弾き分ける忙しい箇所なので、聞かせたい音に注意を払いながら(歌いながら)弾くこと。
  • 91小節~‥ フーガでメロディーが反転するが、音量を抑える必要はない。むしろ、競い合うように。ただし、99~101小節はmpへ、色が変わることを強調。そして103小節~またfへ戻す。
  • 115~110小節‥ 1音ごとにペダルを踏みかえる。(← これ、できないよぉcrying

この曲、大大大好きheartですが、真夏には堪えます。

|

« ピアノの練習日記 7/2 | トップページ | ピアノの練習日記 8/6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197994/22412276

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習日記 7/16:

« ピアノの練習日記 7/2 | トップページ | ピアノの練習日記 8/6 »