« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月28日 (金)

ピアノの練習日記 3/26

こちらでも桜がちらほら。風に乗った様々なお花の香りが嬉しいですね。

ソナタOp.10-2 第1楽章 - ベートーヴェン

新曲ツェルニーは暗譜が間に合わなかったので(ツェルニーは速く弾かなくても楽譜を見ている時間がないので初回から暗譜しなくちゃ、です)、というより、ベートーヴェン・ソナタにうつつを抜かしていたのでbleah、今日はツェルニーをパスさせてもらいました。

  • 1~2小節‥ 最初の和音は次の和音へ向かっている。cresc.を意識。この和音はユニゾン、続く単音はフルートなどのソロ、楽器構成の違いを魅せる。「休符・呼吸を魅せる」は、けいこが書き込んだとおり。ならば、ソロの「ドシレド♪」の後はなんとなく流してしまうのではなく、きちんと止める。音だけではなく、腕の動きをもって。
  • 10小節‥ tr + 装飾音はモルデントで弾いて構わない。
  • 11小節‥ 装飾音は前打せず、左手の和音と合わせる。不要な間を作らないため。ただし、主旋律を常に意識して。
  • 16小節‥ (右手の和音、届かなくて音が濁ってしまう。) 「届かないか、うーん。音はぶけないねぇ」「あ、いえ、そのうち届きます。時間ください」 不思議なもんでギリギリの和音って慣れると届くようになること多いんですよね。
  • 19~30小節‥ オクターブ和音で作るレガートはペダルを有効に使う。音の濁りを気にしてペダルを踏み変えすぎると歌が流れない。
  • 43~44小節‥ 1拍目に身体を右奥へもっていき、引きながら2拍目に移ることで表現する。
  • 48~51小節‥ 左手が主導。1拍目にアクセントかけて暴走しないように。バスがしっかり響いている上でフルートやピッコロなどの高音楽器が跳ねる。
  • 52小節‥ 左手和音はテヌート。
  • 59~60小節‥ ペダル踏みっぱなし。終息のド♪は四分音符。簡単に放してしまわない。低音楽器として響かせる。

ベートーヴェンの作品は交響曲なので、オーケストレーションをしっかり。この曲ではp箇所は高音楽器 or ソロ、f箇所は低音楽器 or トゥッティをイメージするところから始める。ソロを務める高音楽器に耳がいきがちだが、低音楽器の重要性を認識して。

ってことで、楽器構成が宿題です。またツェルニーできないかもぉ?

月の光(ベルガマスク組曲より) - ドビュッシー

「あ~よかった。3拍子(表記は9/8拍子)になったのね。」

ホッcoldsweats01 一度習ったら「どー考えてもその通り」なことが、どーして毎回自分ではできないんでしょうね。

  • 10小節‥ 低音を響かせてすぐ4音などの和音へ飛び移る形。他にも多くあるが、4音がガッシャーンthunderときつくならないよう注意。
  • 19~20小節‥ anime は「動きをもって」の意。19小節目で気持ち豊かに、20小節目で冷静さを取り戻す。19小節目はcresc./dic.をかけて、cresc.ではアチェルランド気味に、dic.で抑える。
  • 26小節‥ 右手の最後「ド♭ ファ♭+レ♭ ラ♭」はゆったりとさせてそれまでの動きを制止。余裕をもって。同じ形、多数。

今日、ピアノ講師の従姉が遊びに来てくれました。「これ、昨日届いたの~」とイタリア協奏曲の楽譜を見せると、「ベートーヴェン・ソナタと月の光とイタリア協奏曲じゃぁ、欲張りすぎでしょーっ」。 へへへ、そりゃそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

鍵盤も駐車場

まだ言葉もままならない2歳の息子たちだが、よほど車が好きheart04らしく、話すことの8割が自動車関係。

「おかあしゃん(お母さん)」と発したのは、「ごみしゅーしゅーしゃ(ゴミ収集車)」から遅れること4ヶ月。彼らの関心はゴミ収集車やミキサー車や消防車のほうが上!ということですな。

車のロゴに興味を持つので、トヨタ・日産からスタートしたのだが、数日のうちに、プジョー、シトロエン、アルファロメオ‥と発展し、ベントレー、アキュラ(ホンダの逆輸入車)など、私には「なんだそりゃ?」。 渋いとこでは日野自動車なんてのも。

車種も形で覚えているものが多くあり、車体の一部を見ただけで「アリオン」だの「クラウン」だの叫んでいる。ロゴ(マーク)なのか文字なのか、平面なのか立体なのかは関係なく、「かたち」なんだろうと羨ましく思う。

さらに、どこの道にどういう車が停まっているか(家の車庫や団地の駐車場)も暗記していて、「赤トヨタ、どこいった?」「あっち、銀色ベンツ」。滅多に通らない道だったりするから驚くばかり。

さて。二人が寝て、私はピアノの時間。

こ~なっちゃってるワケですな。↓

Img_2326

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

ピアノの練習日記 3/12

急に春めいてきてワクワクします。と思ったら、喉が痛かったり頭痛がしたり‥ 身体がついていきませんーっ。

ツェルニー40番の「34番」 

細かい音が続くとどうしても滑ってしまう箇所が露見。ゆっくりだと目立ってしまうのでテンポを上げて素知らぬふり、と悪い癖。さすがにこれではまずいと、1箇所ずつ、滑りにくい手の動きを試していきました。地道な練習がいちばん効果的なんですよね。

「ペダル踏んでいいよ。ペダル使ったほうが自然よね、こういう曲は。昔は先生の許可が出るまでペダル踏んじゃいけない風なとこ、あったよね。今はバッハだってペダル使うのが普通だし、ちゃんと譜読みした後は自由にしていいよ。」

34番は◎。次の35番は手の小さい私には、指もげちゃうかも~、たいへんそうです。

「月の光(ベルガマスク組曲) - ドビュッシー

よく耳にする曲だから、なんとな~くこんな音だろうの勘が働くけど、聴いたことなかったらこの譜読み混乱しそう‥と思いながらの譜読みでした。

よく耳にする曲だから、だけど演奏によってテンポ感がバラバラで、拍子がうまくとれなくて、私いっつもそうなんですよねぇ、あ゛~~~coldsweats02ホントにわからない。結局そのままもっていきました。

「う~んsad 言われるようにホントに拍がわからないねぇ。拍をわかってくずしていくのと、わからないのとは違うから、きちんとしようね。」 あーあ。

先生のカウントで、かなりテンポをあげてきっちり弾く。そんな速度はやったことなくて、あやふやな和音の運びがバレバレ。

  • 9小節‥ ppのままだが、楽器が増えることで動きが出てくる。
  • 10・11小節‥ 左手の低音を響かせる。次の音へ急ぐと響かなくなるので注意。逆に右手のレミラー♪は縮めて。12小節も同様。
  • 14~15・16~17小節‥ 最初のテヌートありは動きを抑えて弾く。後者は水や風を感じて音が動くのを魅せる。

ベートーヴェンのソナタを2番(Op.2-2)、6番(Op.10-2)、10番(Op.14-2)から選ぶように言われていました。楽しそうなので6番にしようと思います。

「ベートーヴェンは今日聞かせてくれないの? 並行しましょっ」 あ?れ?こないだと話が違うぅぅぅと思いつつ、待ちきれなくてちょっとずつ始めてはいるので、ちょいと加速してみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

チョコレートの効能

ピアノの練習は子供たちの昼寝中にするのだけど、

朝起きて夫のお弁当を作って、家族の朝ごはんを作って、子供にはあれ喰えこれ喰え!と奮闘して、当人たちとテーブル周りの大掃除して、朝ごはんの後片付けと昼ごはんの準備と夕食の一品程度作って、洗濯物干して、掃除機かけて、

子供を連れて外散歩。2時間~2時間半。雨でも雪でも「オソトイク」。

昼ごはん作って、あれ喰えこれ喰え!と奮闘して、当人たちとテーブル周りの大掃除して、片付けして、夕食の1~2品作って、子供と遊んで、寝かせる。

ホントは私だってお昼寝したい。でも眠ってしまったらピアノの時間がなくなってしまう。

疲れた身体にピアノ。ピアノは集中力が必要だし、体力も使うし、楽しいけどさらに疲れるのも事実。

冷蔵庫に小さなキューブのチョコレートを隠し持っていて、練習が終わる頃、1粒2粒食べることがあった。お腹も空いてないのにこんなの食べていいのかなぁ‥多少の罪悪感もあった。

ふと思いついて、

練習を始める前に1粒食べてみた。

ご存知でした? 集中力が全然違うよ。ものすごく集中できるのよ。譜読みもスラスラ~bleah(←語弊あり)

あ~、そういえば聞いたことがあります。朝食を食べる時間がないなら、飴1つでも口に入れるといい、と。一時的に血糖値があがり(脳がブドウ糖をエネルギーにしている)思考力があがるとか。

お腹が空いたかどうかではなく、甘いものには集中力をあげる効能があるのですね。

Img_2236

100円の板チョコをパキパキ割っても効能はきっと同じ。でも、どうせ1粒か2粒しか食べないんだし、気分的な贅沢もいいかなぁ。

ここ、神戸は洋菓子やパンがおいしくて、チョコレートメーカーも多数あります。ゴンチャロフやモンロワールが有名かしら。

ふふ。どうせ口にするなら、練習前に食べちゃおうsign03

チョコレート1粒じゃないとどうなるか?

アイスクリームを食べてみた。→ 指先・足先まですっかり冷えてピアノどころではありませんでしたdown

大判焼2つを食べてみた。→ お腹がいっぱいになりすぎてピアノどころではありませんでしたdown

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »