« 発表会: 映像と演奏のコラボレーション | トップページ | 古希ツアー »

2008年2月 8日 (金)

ピアノの練習日記 2/6

「従姉さんの発表会どうだったー?」「駅降りたら雪降ってて寒かったですぅ。あとね、ほルターネックのドレスにしたんだけど、首のりぼんキツク締めすぎちゃったみたいで、前に乗り出すときは苦しかったー。」 ははは、演奏そのものの話はしないんかい?

ツェルニー40番の「34番」

久しぶりのツェルニーお稽古。ベートーヴェンの作品のようにダイナミックで、暗い中からぱぁぁぁっと青空が見える曲で、弾かせてもらえるのが愉しみだったのですが、実際弾いてみると難しいこと難しいこと!

  • 全体を通して、32分音符の1つ目の音はオクターブ移動する2音目に重なるぐらい伸ばして、つまり2つでセットにすることで、音量の幅を表現する。
    「けいこさん、ご自分で『長めにとる。すぐに放さない』って書き込みいれてるじゃないの?」 私が入れたのは9小節目からの音、途切れないのを目的としたことで、音量の幅までは考えていませんでした。
  • 13小節‥ 右手のスタッカート和音は、ヴァイオリンが全員でシャッシャッと弦をひくイメージ。このときの左手は急ぐと音が薄くなるので、テヌート気味を心がけて。
  • 24小節‥ 右手、スタッカートの和音から高い和音へ飛んでいくのは、指揮者の腕の振り方を想像して音作りを。
  • 32小節‥ 左手の低音はテヌートに柔らかい音。右手は和音のままレガートを保つ、難しいけどフレーズを大切に。

今、これを書きながら気づいたのですが、多くのツェルニー曲でいただく指示が「指や身体の使い方」なのに対し、これは「音楽の表現」を先に、それが可能な「身体の使い方」を考える順になっています。それほど、芸術的な作品ということでしょうか。

今年はベートーヴェンの作品を教えていただけることになっています。自然と気持ちが入ります。

ショパンエチュードOp.10-2

私の無知により始めることとなったエチュード。11月に一度レッスンしていただいてからそのままになっていたのですが、新しい曲もないし、一応はずっと弾いてはいたので持って行きました。でもね、11月の状態から一向に進歩なし、なのよぉ。

一通り弾いてみる。

「ゆっくりではあるけど、けいこさん、これ結構上手よ。これ以上テンポを上げないで、このテンポでの音表現を目指そうよ、ね。そもそもCDで聴くのが人間業じゃないでしょ。」

うーん。早く手を引いた方がいい‥ようだ。

「あと1回、2月中だけ続けて終わりにしてもいいですか。」
「そうね、イ短調って冬っぽく聞こえない?」
「ええ、雪が吹雪くような。」
「そう、ロシアの冷たい空気みたいな。3月には別の曲にしましょう。」

読みが当たってショック10%、安堵90%。

「月の光(ベルガマスク組曲)」を習ってから、ベートーヴェンのソナタを始めます。

「ソナタは候補を出してみる?」
「いいえ、先生が選んでください。」←もう懲りたっ

|

« 発表会: 映像と演奏のコラボレーション | トップページ | 古希ツアー »

コメント

このツェルニーの34番、私が唯一ツェルニーの中で好きな曲でした!!ツェルニーっぽくない、カッコイイ曲だったと記憶しています。でも、この後36番で挫折したから、良い思い出はないツェルニーです。


ショパンを先生に上手なんて言って貰えるなんて、凄いです!!

>CDで聴くのが人間業じゃないでしょ。

ですよね~。私、CD聴くと凹みます。あまりにも違うし。でも、そうですよね。人間業ではないんだぁ!!良かった。


さて、ソナタは何になるのでしょう。人がベートーベンを弾くと影響されて弾きたくなっちゃんだな♪私。

投稿: ayayan | 2008年2月13日 (水) 09時06分

ayayanさん、こんばんは☆
36番まで、37番まで‥という方、何人かおられました。そのときは「あとちょっとなのに‥」と思ったのですが、ここへ来ると1曲1曲難しくなって、毎回「私はこの曲、卒業できるのだろうか」、不安いっぱいで毎回レッスンで弾いています。

いえいえ、
「上手」は「曲、変えましょう」の枕詞であって、決して「上手」の意味ではないんですよん。
それを悟って、私から先手を打った感じです。

ツェルニー36番とこのエチュードはどちらも手首が痛くなります。
それと、36番は今のところペダルなしで、無性に「ペダル踏みたーい」というか、「(モーツァルト時代から変わって)ペダルができてよかった~」を実感しながら弾いています。
ショパンエチュードは今まで、ツェルニー風に弾いていたのですが、どうせテンポは遅いんだし、思い切ってペダルを多用してやろうと、今週に入ってずいぶん編曲(!?)しちゃいました。バラード、スケルツォもあるショパンの曲っぽく。
そう、練習曲という肩書きはなしにして、ショパンの1曲にしちゃおうと。先生がなんと言われるかわかりませんが。

ベートーヴェンは、何になるかしら?
私も楽しみです。

投稿: けいこ | 2008年2月16日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197994/10342794

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習日記 2/6:

« 発表会: 映像と演奏のコラボレーション | トップページ | 古希ツアー »