« 月とうさぎと猫 | トップページ | ピアノの練習日記 10/3 »

2007年9月27日 (木)

ピアノの練習日記 9/26

2週間なんてあっという間。郵便局からの年賀状の案内に、え?今年ももうおしまい? こうやって1日・1年はどんどん過ぎていってしまうんですね。

ツェルニー40番より31番

この曲に限ったことではないけど、フレーズが変わるところの「つなぎ」って難しい。ゆっくり次の準備に入るべきなのに、速度を落とせず大慌て!になりがち。うるさいぐらいに「ゆっくりと」「次の準備」などと書き込んでいく。

今回は◎。次の32番は2ページしかないことを確認済み。(笑)

「今、サンサーンスじゃない? 次にやりたい曲ってもう考えてる?」

あれ? まだ今から「化石」を見ていただくのに、この時点でその質問? なんか見透かされてる?

勇気をふるって「告白」をする。

「実は‥31番を習ったら『やってみたいです』と言いたいと思っていた曲があるんです。」
「ふふふ。何? もしかして、ショパンじゃなーい? エチュードの2番。」

「あ、え? なんでわかるんですかぁ?」
「さぁ、なんでかしら。好きそうなんだもの。」
「私って‥ 半音階のスケール好きですよね?」
「うん、いちばん楽しそう。私からすると考えられないのよ。子供の頃から苦手で苦手で‥ 学生のころね、エチュードの1番(ショパン 10-1 ダイナミックなアルペジオの曲)がわりとすんなり進んだから、2番もいけると思ったのに、罰ゲームかと思っちゃった。いいわよ、やりましょっ。私も練習してくるわ。これ、すごく難しいわよ、だからゆっくりね。」
「あ、あ、あ、そんなに難しいならやらなくても‥」
「だからゆっくりにするの。」

帰りに寄った本屋でふと目にとまった「月刊ショパン」で エチュードを弾こう があるのを知り、家で見てみる。で、瞬く間に後悔する。「ショパンエチュードの中で最も難しい曲の1つ、つまりピアノ作品の中で最も難しい部類‥」だとさ。先生に「告白」するたびに思うこと、あーあ、無知とはおそろしい。ビデオの最初のほうを見ているころは、「左手をつけるのはやめよう」と思う。半ばのころは、「半音階のとこだけにしようか」。全部見終わってからは「完全撤回にしようか」と思う。(笑)

先生にはもう1曲、「ベルガマスク組曲 - メヌエット」も伝えて、こちらは習う予定。ベルガマスク組曲は以前「パスピエ」だけ習っていて、「プレリュード」も「月の光」も弾いてみたい。

「月の光」は、私が子供時代に習った最後の曲。といっても2度ほどレッスンを受けただけで、引越しなさる先生が「次の先生にもっていけるように」と。でも、そのままピアノを辞めてしまい、次のお稽古はその20年後となったわけです。この曲を習ったら、子供時代の先生に連絡をとってみようと考えつつ、何年も経過してるんだな。

動物の謝肉祭より「化石」

手が極端に小さい私にとって、両手にオクターブ和音がくるととーっても大変、片手だけにあるのとは全然違い、ミスタッチばっかり。テンポも出ないし、聞くだけ‥にしたほうがよかった曲なのかなぁ。

1小節‥ 左手の休符を感じて。
5~7小節‥ ずっとffだと迫力に欠けてしまう、ここはfに落としてレガート感も加える。
8小節‥ レ・ファ#・ソはテヌート気味に、重みをかけてフレーズの終わりを告げる。
17小節‥ rit.する。全く違う歌が次に始まる。

18小節~‥ 新しい歌。全体にテンポを少し落とし、素朴で美しいバロックの音を。
21小節‥ 左手にテヌート。ぬかるみに入ったようなテンポの落とし方。
29小節‥ いろんな楽器が加わって最後のジャーン♪はもったいぶって鳴らす。

|

« 月とうさぎと猫 | トップページ | ピアノの練習日記 10/3 »

コメント

コメント、初です☆こんにちはー(^-^)

なぜ、このページを見つけたかというと、
あたしも、久しぶりにピアノを再開したんです。(今年の7月から)
3月に発表会があるというコトなので、
曲を探しています。
で、候補として、パスピエとリゴードンあたりかなぁ…と思っていたら、
2曲とも弾いている方がいるではありませんか!

ちなみに、久しぶりなくせに、7月からショパンづくしで練習しています。
今は、「別れの曲」です。
中間部分で死にそうになっています(苦笑)
ちょくちょく遊びに来ますねー。
ショパン、がんばって☆

投稿: あや | 2007年9月30日 (日) 14時08分

あやさん、はじめまして☆ ここを見つけてくださって、書き込みもいただいて、感謝感激!です。

あやさんもピアノ再開組なんですね。
ぅわ、最初から「別れの曲」とは、相当の腕前なんですね。うらやましー。

パスピエもリゴードンも大好きな曲です。
気持ちとしてはどちらに傾いてます?
派手なのはリゴードンかな。もし、1曲のみとか制限がなければ、メヌエット→リゴードンって流れも美しいと思います。静と動。オケ版での演奏の順番。

引き続き、お話きかせてくださいね。

あ、私のショパンエチュードは「なかったこと」になるかも~。(笑)

投稿: けいこ | 2007年10月 1日 (月) 23時12分

あれれ?(^-^;
なかったことになりそうなんですね(苦笑)

あたしは、ピアノは高2までなんですけど、
今も職場で弾いているので、
(小学校の先生です…授業とか、学芸会とか、弾かされる機会はたくさんあります)
まったくピアノから離れていたワケではないんですよー。

再開して、昔弾いていた「幻想即興曲」を久しぶりに弾いたんですけど、
腕が吊りそうになるし、右と左があってはいけない場所であいまくって
先生にピシャリ…という、
感覚が鈍いくせに無謀なコトをしていました。

別れの曲は、隣に座っている先生が
「これが聴きたい」
のひと言で決定☆
中間部分を弾くまでには至っていないので、
ひたすら、右手と左手を分けて練習しています。

曲は、好みはリゴードンなんですよ。
実は、クープランの墓は、
大学時代、オーケストラをやっていたんですけど、
お遊びアンサンブルでちらっとやったコトがあって。
だから、好きなんです。
でも、個人的には、ドビュッシーが好きです(^-^)

最近、リストの「愛の夢第3番」も
気になって仕方がありません。
まだ、発表会練習はしないので、
別れの曲を弾きながら、迷い中です…

投稿: あや | 2007年10月 7日 (日) 12時07分

あやさん、
オーケストラやお仕事場でのピアノ、音楽たっぷり♪で過ごされてこられたんですね。
私からも「これが聞きたい☆」って色々リクエストしてもいいですかー?

曲選びって楽しいですよね~。あれもこれも気になる‥のお気持ち、すごーくよくわかります。
あっちこっち試し弾きして、あやさんが一番輝く曲を選んでくださいね。

エチュード2番。「やっぱり無理そうです‥」と言ったのですが、「え~?ゆっくりでいいからやろうよぉ」と圧されてしまい、最初のページだけアダージオで(笑)練習はじめました。
さらに「14番(25-2)は弾きやすいから、そっちと並行する?」と。なぜ、並行?増やさないで~。

投稿: けいこ | 2007年10月 8日 (月) 23時15分

>私からも「これが聞きたい☆」って色々リクエストしてもいいですかー?

ひえぇ~(>_<)
そんなに弾けません(笑)

今朝、第2回目の「別れの曲」レッスンだったんですけど、
あえなく終了…って感じでした。。。

中間部分を弾くたびに、
ショパンがだんだん嫌いになってくるという(^-^;
やっと、両手で弾けるようになってきたので、
これで、正確さと速さが伴えばねぇ。
まぁ、当分無理だろうな。

けいこさんも、やっぱりやるんですねー。
がんばって☆
もう、練習するしかない!

投稿: あや | 2007年10月14日 (日) 17時10分

あやさん、
別れの曲のレッスン、お疲れ様でした。

曲をもらって譜読みするときって、わかんなーいと言いつつ、全くの無→なんとなく音の連なりになるのは一番成長するときでもあって楽しいじゃないですか!
私の場合、そこから身体に馴染むまで、曲にもよるけど1ヶ月ぐらいかかるかしら、どよ~んとした期間があります。この曲イヤだって思っちゃうのはそんなとき。
その後、私の低レベルなりにちょっと表情がついてきて、というか、こんなこと伝えたいというのが見えてきて、やっと楽しくなってきます。

あやさんはこんな↑過程、ありますか。
だとしたら、楽しくなるまであとちょっとの我慢!ですね。
ほーら、もうすぐショパンが大好きになる~、大好きになる~。

2番、ちょっとやってみてますが、明日のお稽古で見ていただくかは‥ うーん、時間の無駄かも。って状態です。
これから、ちょっと悪あがきしてきます。

投稿: けいこ | 2007年10月16日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月とうさぎと猫 | トップページ | ピアノの練習日記 10/3 »