« 安~い満足感 | トップページ | 月とうさぎと猫 »

2007年9月12日 (水)

ピアノの練習日記 9/12

急に涼しくなりましたね。一時は「外へ出たら危険?」なほどだったのに、夕方は心地よくなりました。

ツェルニー40番より31番

練習曲の中で半音階のスケールがいちばん好き。31番を習ったら、似たような手の動きのある「ショパン・エチュード10-2をいつか弾いてみたいです」って先生に告白しようとずっと思っていました。その昔、10-2がいいなぁ‥と思っていて、でも複雑そうだから、似たような動きの曲はないもんか?とツェルニーの楽譜をめくっていたことがありました。

スケールの後はまたアルペジオになるんだろうか‥ 次のページをめくってみてギョギョッ≡(*o*)アレェェェェェ 「32番」の文字がない。へ?31番ってまだ続くの? 後2ページも? ひょえ~~~。

この新発見が先の日曜日、今日のお稽古の3日前。どーしよ。絶対間に合わない!

なんかね、おかしいとは感じていたんです。私が終わりと思っていたところは♭ミ♪がとれたまま。ラヴェルでさえ、最後の2小節で慌てて最初の調に戻したりするのに、まぁ、でも、そんなのツェルニーさんの勝手だし‥で納得。だって、いかにも「終わりです」みたいなんですよーっ。

絶対無理!なのに、どーしてかあがいてみたい性分。夜、子供が寝たあともヘッドフォンしてました。なんとか最低限のとこは弾けて、うまくいかないとこの洗い出しは終えました。どうしようかな、最初に先生に言うべきかな? でも、どうせ音に出ちゃうんだから言うだけ無駄? しらを切るかな? ← だから、しらはきれないんだってばっ

一度弾いてから告白。「あはは、そうでしょう。音は出てるけど緊張してる~って感じだったわよ」 エヘ。

動物の謝肉祭より「化石」 - サンサーンス

子供の頃、バレエの発表会で踊った曲です。ねずみ色のオールタイツの衣装は子供心をいたく傷つけたもんですが、後に「こういうのこそ、カッコイイ」を知り、スットンキョウな曲が好き!の原点にもなったのかもしれません。

「化石」は古く流行った曲6曲をつぎはぎしていて、シロフォンの音を「乾いた骨」を叩く響きと重ねたのでしょうね、だから「化石」。おもしろいですね。あ、そうだった、私、「メヌエット -  ベルガマスク組曲」を弾きたいんだった。これも、ドビュッシーがメヌエット(=昔、フランスで流行した宮廷音楽)をとらえるとこうなるの?といった音。ドビュッシーの楽譜をひっぱりだしたり、化石に出てくる「きらきら星」から、「きらきら星変奏曲(モーツァルト)」を弾いてみたり。よそ見よそ見よそ見。

  • こちらは拍をきっちり。「白鳥」の拍をずらすのは忘れましょう。
  • 5小節‥ 右手のミソミファソの指使いは 1-2-1-1-1 に変更、音が埋もれないようにする。同じタイプの箇所も同様に。
  • ペダルをもっと多く使ってダイナミックな音に。

最近よく思うこと。1月にピアノを再開したとき、息子たちは歩き始めたばかり。練習時間はとれないし、一人ベビーカー・もう一人抱っこ紐で通うのは大変で、私無理してるなぁ‥でした。今はだいたい1時間は確保できるし、お稽古場への階段の上り下りも二人は難なくこなす。ピアノは私の心を「正常化」してくれる存在だし、1月に始めておいてよかった!と感謝しています。

|

« 安~い満足感 | トップページ | 月とうさぎと猫 »

コメント

こんばんは。

そうそう、40番って途中から長くなるんですよね。まだあるのかよっ!ていつも思っていました^^;

化石からいろんな曲に飛びましたね~~☆
私も化石をもう一度聴いてみようっと。


>ピアノは私の心を「正常化」してくれる存在だし、1月に始めておいてよかった!と感謝しています。

本当にそうですよね。ピアノを支えに乗り越えられた事もあったなって、思っています。
ヨチヨチ歩きちゃんが今では立派に階段の上り下りされているんですね。

投稿: ayayan | 2007年9月13日 (木) 22時07分

こんばんは。いつもここを読んでいただいて嬉しいです。

ツェルニー曲に続きがあると知ったときは絶句しましたー。きらきら星変奏曲とかで遊んでた時間は何!?って感じ。
今週(~来週)は夫がアメリカなので、夜に話し相手もなく、全てピアノの時間♪となり、どーにか最低限のことだけはやったつもり、まではたどり着きました。

子供たちは昨日、いつもよりかなり高い滑り台を、とっとと登ってスルスル降りてきて、へぇ結構こなすのねぇ‥と感心しました。
でも、これから、例えば漢字だけでも2000文字も覚えなきゃいけないことを考えると、あらまぁご苦労さんって思います。←他人事(笑)

投稿: けいこ | 2007年9月15日 (土) 22時25分

けいこさん
チェルニー31の後半、短期間にレッスンにもってゆくレベルに
されたんですね。
けいこさんの半音階好きは、わかる気がしますね。
この曲、右手半音階で下降しながら、小指で音を鳴らすところ、
大きな音、出せなくて、苦労しました。

お子さんたち、すくすくと、成長されてますね。
わんぱく坊やの素質ありそうですね。
バレエやピアノ、仕込まれるんですか?

あと、花の名前、分かりました!
花好きの親切な方に教えて頂いて。
ネットは素晴らしい。

投稿: そらみみ | 2007年9月17日 (月) 21時02分

そらみみさん、こんばんは。
花の名前、ありがとうございます。ランタナですか。ランタナは黄色とかオレンジ色の単色のものと思っていたのですが、いろんなのがあるんですね。ウィキペディアに「和名:シチヘンゲ」とあり、な~るほど!納得です。

あはは。私の「レッスンにもっていくレベル」はとっても低いものでして‥ お恥ずかしい。
小指で和音にするところは、手の形をどんどん変えていかないと‥で難しいですね。ここは付点リズムで練習するよう言われました。

子供にバレエやピアノ? うーーん、どうでしょう。
私個人は柔道とか剣道とか、夫が少林寺拳法をやっていたことがあるのでそれとか、「武道」と呼ばれるものをしてほしい‥とは思っていますが、どれもこれも知らないけど、結局のところ「マナー」だと思うので‥
ま、私が望んでも、私が習うわけじゃないのでねー。(笑)
何でも長く続けられることに出会えるといいですよね。と、私はバレエやピアノを通して思っています。

投稿: けいこ | 2007年9月18日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安~い満足感 | トップページ | 月とうさぎと猫 »