« ピアノの練習日記 8/8 | トップページ | 安~い満足感 »

2007年8月28日 (火)

ピアノの練習日記 8/22

危険!なほど暑い毎日に変わりはないですが、朝の風が昨日よりさわやかだったり、影がいつの間にか長くなっていたり、季節は進んでいるのですね。進んでないのは、私のツェルニーの腕前なんだなぁ。とほほ。

ツェルニー40番より30番

課題の1つ、「ffではなくpで弾く」というのがなんとも難しい。音が抜け放題。それでも最初の頃に比べたら、雰囲気は出てきた? げっ、まだ「雰囲気だけ」かぁ。

「そもそも意地悪がそこかしこに仕組まれてるんだから、曲として美しく仕上げることを目指すより、1)どういう練習をさせようとしているのか、2)自分の音が聴けるテンポを保つ、ことのほうが重要」と指摘いただき、飛びやすい音・指を意識しながら弾いてみる。「ね? それだけでだいぶ変わってくるでしょ?」

温情◎をいただきました。

動物の謝肉祭より「白鳥」 - サンサーンス

「練習曲にならずお洒落に」が課題で、こんな風↓に弾いてみました。

  • 全体にadagioだが、前半の後半(←わかりにくいね^^;) 10~17小節は少しテンポをあげることで抑揚を出す。
  • 10~13小節は水のキラキラ感がでるように。
  • 14小節、メロディーの長音に入るときに左右の打鍵をずらして強調。ここでのcresc.は15小節ですぐに収めてdim.に。
  • 16小節、前半部でいちばん魅せる箇所。6拍子での1音目、4音目(長音)、6音目で左右の音をずらす。Img_1426_2 17小節で指示のdim.は右手でcresc./dim.の波をつくる。
  • 前半と後半のつなぎ。17小節と18小節の間は水の流れを止めないために、あえて空白をつくらない。
  • 21小節は思い切ったcresc. 指示はmfだがfの気持ち。低音をどんどん響かせていく。
  • 22小節はレガートで切々と歌う。バレエ「瀕死の白鳥」では、息絶える寸前に一瞬息を吹き返し大きく羽ばたくところ。ぞわ~という感動の鳥肌がたつように弾くって、どうやったらいいのだろう?

「あら~、よくなったわー」と言っていただきました。

「私は16小節目の音の入れ方が好きだけど、譜面をどこまでイジルかは意見の分かれるところで、ダメとおっしゃる先生もいることを覚えておいて。でもね、ロマン派の曲で例えばショパンのノクターンを拍子どおり弾いたらつまんないでしょ。」

「26・27小節はペダルを踏み変えていいですか。ppなのに、音が膨らんでしまいます。」
「そうよね、最後の低音は踏み変えないとうるさいよね。」

「曲最後の音、左ソ♪+右シ♪は前の音を残さずに弾くべきなんですよね? シンプルすぎるのかなとわからずにいるんですけど。」
「これはシンプルがいいと思う。この終わらせ方ってフランス音楽特有で、ドビュッシーがよくやってるでしょ。へ?って思わせるような終わり方。」

この曲は卒業◎です。ご興味があれば、えっとー、勇気がおありならば、彩庵 → 「演奏会」 へお越しくださいませ。

次は「化石」に挑戦。

|

« ピアノの練習日記 8/8 | トップページ | 安~い満足感 »

コメント

こんばんは、けいこさん♪
白鳥、聴かせて頂いています!
ピアノだけで弾くのを初めて聴きました。
メロディーと伴奏のバランスが難しそう。
右手の内声が特に。
でもけいこさん、素敵に弾かれていますね。
しっとりした曲も良いですね~*^^*

>ぞわ~という感動の鳥肌がたつように弾くって、どうやったらいいのだろう?

この一文がとても気になりました。先生に褒めて頂いて良かったですね。

次は化石ですね!楽しみにしています♪

投稿: ayayan | 2007年9月 3日 (月) 21時45分

ayayanさん、
お耳汚しですが、お聴きいただいて感謝です。
「読む」にも書いたのですが、「ひたすら集中力」の曲のようです。
しっとり系つながりだからか、私の中では「デュエット」(無言歌)とダブるとこがあります。

「ぞわ~」は、バレエ「瀕死の白鳥」の印象なのですが(息絶える寸前に大きく羽ばたくのが、それが「最後」であることが観客に伝わる。でも白鳥は「もっと生きたい」ともがいているようには見えない。静かに自身を見つめているように思わせる)、少し音をゆさぶってみたつもり。2拍子にとる、というか。伝わらないかな。

化石も新曲だし、ツェルニーも新曲だし、今週は大変ですー。

投稿: けいこ | 2007年9月 4日 (火) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピアノの練習日記 8/8 | トップページ | 安~い満足感 »