« 演奏会♪ アラベスカ | トップページ | 京都骨董祭へ »

2007年6月28日 (木)

ピアノの練習日記 6/27

ツェルニー40番より28番

3連符の真ん中を延ばしたリズム練習を繰り返して、速くしなければどうにか音がつなげられるようになってきました。あと、「つなげるぞ!」という決意というか根性!で、結構つながるもんですね。要は「意識してる」ということなのでしょうが。慣れ、なのでしょうか、何度もやるうちに腕が痛くなりにくくなってきました。

後半17小節~、運指5-1-4の繰り返しで、5と4は同じ音だが、鍵盤の同じ位置を押さえては、次の黒鍵へ移れない。次の音・指使いを見越して鍵盤の位置を考えること。同じ音を5-4次の音を5-4‥というような練習が効果的。

「よく頑張ったで賞?」で、卒業◎させてもらいました。次回は29番で。

リゴードン (ラヴェル クープランの墓より)

オーケストラ版のCDを聴いて(ラヴェル本人が編曲)、どこでどんな楽器が使われているのか楽譜に書き込んでみました。いくつか、え?と思う表現もあって、例えば、8小節と8小節は両方金管楽器と信じていたのに、前者はフルート・ヴァイオリン、後者にトランペット。さて、どう弾き分けようかしら。後者でペダルを踏みっぱなしにしたら、より「響く音」に近づける?とか。例えば、69小節~と77小節~、前者がフルートで後者にクラリネット。私の感覚では逆なのに。ppがpになる分、深い音をもってきたのだろうか。それとも、だんだん消え行くフレーズに入るために落ち着いた音を使っているのだろうか。

疑問が解決できなくとも、「考える」をするために、CDから音を拾ったのは意味がありました。ピアノの練習には鍵盤から離れることも必要なんですね。

3~6小節‥ 音が飛ぶと焦って速くなりがちだが、低音へ移行するのは、低音楽器が登場すること。だんだんどっしりさせるためにも、ペダルで深みを加えていく。
8小節‥ 左手の2音目、ばらけないよう注意。左手だけの練習を繰り返すように。11小節‥ おどけた印象を身体全体で表現する。
24小節‥ 終止の形を大切に。次の歌の始まりに少しかぶるようにペダルで響かせて印象付ける。
57小節‥ ヘ音記号とト音記号が入り混じっているため、見た目には低音な気がしないが、実は「明らかに低音」に変化があったところ。音の深さを十分に意識する。

「なんだか次ぐらいに卒業しそうな勢いね、次何にしようかしら?」の言葉を信用してよいなら、でも新しい曲も嬉しいなぁ‥なんて思いながら、サンサーンスの動物の謝肉祭を眺めているのでした。

あ、そうそう。先日紹介していただいた「お菓子の世界」の楽譜とCDが届き、いくつかやってみたいなぁ‥があるんです。

|

« 演奏会♪ アラベスカ | トップページ | 京都骨董祭へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 演奏会♪ アラベスカ | トップページ | 京都骨董祭へ »