« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月23日 (水)

3年越しの恋☆

「雑誌だかテレビだかで見た夏みかんのゼリー、あれ、おいしそうだったー。えーっと、どこのお店だったかしら?」 ‥が、1年目。
「あ、これよ、これ。去年注文したいと思ってたやつ。もしもし~、あ、そうですかぁ、時期が終わってるんですかぁ。」 ‥が、2年目。
「今、何月? じゃ、大丈夫のはず。おばちゃんたち来るならデザートこれにしようよ。」 ‥が、3年目、先週の話。

3年越しの恋、実る。

P5230443

夏みかんの果汁だけで作られたゼリー。老松のお菓子です。やさしいお味ですが、いただいていくうちに皮の苦味をほんのり感じる大人のゼリーに思いました。

「あなた、いったいいくつ注文したのよ。箱がいくつも出てくるわよぉ。」
「日持ちするものもあったから、何度かクリックしたかなぁ? 払っといてね。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

実家にて

東京の実家に来ています。久しぶりにポコ、パク、コロに対面。画像↓はポコちゃん。18年の歳月は否めませんが、美人は美人のまま。特よねぇ。

P5200430

コロちゃんは老年の痴呆があるのかないのか、キュウリでもバナナでも台所にあるものはなんでも食べてしまうので、ハッとしたときには焼いたばかりの子供のおやつ?のお好み焼きも取られちゃったし、台所を使うたびに部屋に閉じ込めて‥ てんやわんやです。

そういえば去年の今頃もここに来ていて、私一人で二人の面倒をみるのは大変だから‥という名目で来たはずなのに、え?なぜ? 両親が旅行に行ってしまい、慣れない家 あ~んど 猫3匹のお世話に面食らったものでした。

今回も洗濯機や炊飯器が変わっていたりして、とまどうこと多し。
新しくなったお庭は眺めて愉しむことができて嬉しいのでイーブンかな。芝生の手入れがイヤだから変えた‥が真相らしいけど。(笑)

P5200426

2週間滞在の予定。居心地がよければ延びるかも?

古いピアノで新曲の譜読みをしています。鍵盤重くて鍛えられそう。。。

P5200429

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

の~んびり

週末に1日くっつけて、夫の実家へ行ってきました。

年に一度程度なんだから「お嫁さんしよう」と思うんですけどね、いっつも「娘」と化してしまい、例えば、家に着いた途端、
「疲れたろ、お風呂行ってき~や」
「はーーいっ」
ってな具合。

Img_0860_1

お風呂の窓を開けると、岩肌にエビナの花やシダの葉。の~んびり。姪っ子のおもちゃ、金魚を湯船で泳がせてみたり。

ほてった身体を冷ましに、外へ出ると、家の前にはこんな風景。

Img_0861

苗を植えたばかりの田んぼの向こうは四万十川。の~んびり。

「わ、いい匂い。お義母さん、晩御飯なに?」
お嫁さん度「0」となるよね。(笑)

我家では菊姫と姫のお世話に東京から呼びつけられた実母が待っていてくれました。

Img_0823

明日からしばらく東京で過ごす予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

もみじをいただく

真夏日なちょい狂っちゃってる日は別にして、風が心地いいのは嬉しいですね。

Img_0770 ベランダの「もみじ」も元気いい。これは苗木ではなく、種から育てて、もう3-4年になるかしら。なぜか「もみじ」と相性が悪い、なんか育たないことが多いのよねぇ、我家には快挙なのです。

食卓でも「もみじ」をいただきましょう。

Img_0766

Img_0767

さわやか。初夏~夏だけの器だけど、季節限定なのは贅沢な気分です。

たち吉の青嵐。もう何年も前のだけどね。陶器ですがガラス質が厚くかかってて、乳白色の色も手伝ってか、磁器の雰囲気も。ま、これによって備前など「私は誰がなんと言おうと土モノです!」な器を並べると、ちぐはぐに見えることもあるのが難点になるときも。

盛ったのは、よく作る 野菜のマリネ。揚げて漬けるだけの超技なしメニュー。でも、旬のものが沢山食べられるのでオススメです。

タイトルを「もみじをいただく」にしたけど、もみじの天ぷら、ご経験あります? あれは「いただけない」と思うんだけど、どーでしょ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

ピアノの練習日記 5/9

前回のお稽古は私が時間を間違えてしまい、次の方をお待たせして10分だけみていただくこととなりました。楽譜に書かれた「2:00」に苦笑。

アラベスカ - グラナドス

舞曲だの、オリエンタルな響きだの、を考えてしまうと特に曲の出だしのフレーズはインテンポにしたほうが正しい気がする。でも、スペイン舞曲の濃ぃい感じを目指すなら、あえてここもいじってしまいたい。。。 と思い、ちょっと色をつけていきました。

「こういうのって子供では弾けないと思うのよぉ」と先生。ツェルニーを弾くように譜面どおりきっちり弾くのでは何も面白みが出てこない。いろんな経験や想いを込めて、遊びを加えたい、とのこと。

3・4小節‥ 右手の2音からなる和音がバラけないように。特に装飾音が入るときは、装飾音と本来の和音がごちゃまぜにならないように。手の位置をずらす、上からペシャンと叩きつけながら弾く、などの工夫を。
7・8小節‥ メロディーをテヌート気味にもったいぶって。1度目より2度目はもっと粘る。
33小節‥ 突然pにして、1小節かけてcresc.を。次の小節の左手低音へ飛び込まずに済むよう自然なrit.を。
36小節‥ こんな曲にdolce? 高音#ソ♪をキュートに響かせる。

中間部はいい感じに弾けている。
63小節‥ ソフトペダルを使用。
67小節~もソフトペダルを使ったほうが楽。

今回で卒業◎です。

次は、とうとう、リゴードン(ラヴェル)の再スタートです。お休み前に何度かみていただいて、でもお腹が大きい頃だったので鍵盤に乗れないというかフォルテが苦痛になってしまい途中棄権をした曲です。ただ、来週からしばらく東京の実家へ行くため、お稽古は1ヵ月後。

「ショパンのエチュード(1番)も途中よね」「あ、は、はい‥ そのうち。。。(汗)」

28番 Presto - ツェルニー40番

ツェルニーにも着手。したいのだけど、何度弾いてみても右手が痛くなってしまい、後半fが続くのも辛くて、どう練習したらいいのでしょう?

「無理な動きが続くんだもの。痛くなるのは当たり前って開き直っちゃってちょうだい。不思議なもので、痛いのもだんだん慣れてくると、それほどの痛みではなくなるはずよ。」 ←あらま、荒療治!(爆)

3音の真ん中を長く伸ばすリズム練習をすること。フォルテを気にせず、pだけでスムーズにつながるテンポで練習すること。をしてくることになりました。

「ツェルニー40の最後10曲強は50の最初のほうよりずっとずっと難しいから、ゆっくりいきましょう」とのことでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

本家「彩庵」復活

1週間もあったらあれもこれも!って思うのですが、G.W.なんてあっという間に過ぎてしまいました。

でもちょっとだけやったこと。

本家 Web page 「彩庵(いろどりあん)」を1年半ぶりに復活させました。

‥といっても、まだ「演奏会」のコーナーだけなんですけどね。フランス組曲ホ長調をアップしてみました。不出来は毎度のことなんでお許しください。

そうそ。このブログのタイトルが「mini 彩庵」なのは、元々のサイトに「彩庵」という名前を使っていたからなんです。

また、どうぞ、よろしくお願いいたします。実は以前お話させていただいていた方々にまだご挨拶もしてないまま。あー、わたしのやってること順番メチャクチャ。ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

お節句のとき

1626254_img 風が気持ちいいですね。

桜を待っていたのはつい最近のことなのに、木々は青々と茂って、このスピードで時間が流れていくんですもん、歳とるのが早いはずだゎ。しんみり‥

森が緑になっていくのはとても美しいと思う反面、人を寄せ付けないような勢いがあって、足を踏み入れてはいけないような‥ ちょっと息苦しくも感じたりします。

最近の我家。

ちょっとぉ~、菊ちゃん、邪魔だってばっ。

Img_0750

Img_0751

去年、贈られた「のぼり」。夫の実家のほうでは、鯉のぼりをあげるように(鯉のぼりもあるんだけど)、端午の節句のお祝いに高~くのぼりを立てます。のぼりには金太郎や桃太郎が派手に染め抜かれてるのが多いです。

我家にそんなスペースはないから、これはマンション室内サイズ。この上半分に名前を染め抜いてあります。

こちら↓は玄関。

Img_0753

額縁の飾り、布や絵葉書を探しに行きたかったけど時間がなくて省略です。ぐすん。
絵皿、可愛いでしょ。江戸後期の伊万里焼。

Img_0757

お節句だけのために作られたお皿。いいトコの注文品なのでしょうね。

画像だとわかりにくいですが、気の遠くなるような細かい線で模様を描いています。こういう仕事は辛抱強くなくちゃできないですね。私だったら、途中からどんどん図柄が大きくなっていって、半分は「いいや、全部赤で塗りつぶしちゃえっ」とかなっちゃう。皆さん、例えば、ジグゾーパズルってできる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »