« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

息子の死

”そのうち書きます”と宣言してからずいぶん時間が経った。日々の雑多なことを優先してしまうのと、私自身と向き合うのが怖いのと、その両方。私が直面してきたことなのに、だからその時々のほうがずっと怖い想いをしてきたのに、今更「怖い」もないもんだと思うのだけど。

「グループの長をしてもらえないか?」 いくつか上の上司からの打診に4つの理由をつけて断った。理由の3つは、そのとき担当していた仕事がおもしろくて手放したくなかったから。1つは、子供が先だと考えてたから。20人の面倒なんてみれないや、が本音だったけど、さすがに挙げなかったっけ。

3つの理由は「長をしたって続ければよい」と却下された。ただ、1つについては「応援したい。2年の猶予を与える」と、執行猶予がついた。とってつけた理由が正当となったのを不服にも感じたが、女性が極端に少ない部署でそういう扱いをしてくれる上司たちに感謝もした。

与えられた2年が過ぎようとして、私は焦っていた。子供はいつか‥とは思っていたが、その後も会社に堂々と戻ってこられるだけの実績をつくりたかった。実績‥できただろうか? 私の年齢も考えなくてはいけない。

幸運にもすぐに妊娠した。コンピュータ関係の仕事で、2000年問題が起きず、ホッとしたお正月だった。

蝉の声がやけに耳についた。「子宮口が柔らかくなっているので来週か再来週ぐらいかも」と医者に言われてから4日が経っていた。

「最初に撮る写真だってお化粧したいよなぁ。お化粧したまま出産したらいけないのかしら?」 お腹の痛みを抱えながらもアイシャドウをバッグへ入れた。

「入院して1時間でもちゃんと夕食って出るんですね。」「そんなこと、言ってられなくなるわよぉ。さっさと食べなさーい。」 看護士さんと始終笑いあって夜を迎える。

「お腹の子の心拍が下がってる。すぐに帝王切開します。ご主人に来てもらってください。」

その夜、心拍の下がるのは2度目だった。一度目は「よくあることだから‥」と診察さえなかった。じきに回復したので、よくあることなんだろう‥と納得したつもりだった。 訳がわからないまま手術室に運ばれ、下半身麻酔を受ける。切られた痛みではない。恐ろしさに耐え切れず悲鳴をあげる。「この人、眠らせてっ。」

ぼんやりと灯りは感じるが何も見ることができない。誰かいる? 誰かいるの? 力を込めて発音してみる。「一樹は? 一樹はどこ?」 「一樹は生きてるのね?」

「今、先生に診てもらってるからね。」 
「違う。一樹は生きてるのよね?」
「一樹は今、先生に診てもらってるんだよ。」
「違うの。一樹は大丈夫だったのよね?って聞いてるのっ。」
「‥ 一樹、ダメだったんだ。」

へ? どういうこと?

「生きてるの?」と質問していながら私は「生きている」以外の返答を期待していなかった。

「目ぇ、覚めちゃった。。。 どういうこと? 一樹は生きていないの?」

医者から「麻酔が覚めるまで3時間ほどかかります」と夫は言われたらしい。まだ30分しか経っていなかった。ぼんやりと夫の顔が見え、すぐに私は眠りに落ちた。

タオルにくるまれた一樹が運ばれてきた。

身動きできない私の腕に抱かせてもらえる。「やっと会えたね。ずっと会いたかったんだよ。」 私は嬉しくて嬉しくて涙を流した。「生きてるじゃない。この子、生きてるじゃないのぉ。ほら、目、開けてごらん?」

一樹は夫の腕に抱かれた。彼は辛くて辛くて涙を流した。現実をとらえた涙だった。

そう、私は現実が何なのか、このときまだわかっていなかった。

手術から10日が経って家に帰った私を待っていたのは小さな骨壷だった。私は初めて声をあげて泣いた。骨壷を胸に抱いていつまでも泣き続けた。

地獄の始まりだった。

(つづく。 なんだか疲れちゃった‥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

ベランダに春が来た

桜の知らせがちらほら。私の家の近くでも1つ2つと開いた花があるようです。

我家のベランダでも小さな花たちでにぎわっています。

今年の新顔はこちら。水仙で、名前はうーんと、えーっと、忘れたっ^^; 花びら2cmほどの小さな種類です。球根も、よく見かける日本水仙の半分の大きさでした。

Img_0488

なんの手入れもしないのに、ムスカリは毎年花を咲かせてくれます。いつもは秋から葉が伸び放題、「ニラもどき」となるのですが、暖冬が関係あるのかないのか今年はお行儀よいようです。

Img_0498

「庭の雪柳が満開です」というお葉書を別々のところから2通いただきました。羨ましいなぁ。お庭が欲しいなぁ。

我家のベランダにはなぜか「猫柳」。枝もので買ったものが花瓶の中で小さな根っこを出したので、植えてみたら立派に育ちました。こちらも小さな花を咲かせています。

Img_0496

ところで‥

一昨年の秋、私が長く病院にいる頃に植えてもらったチューリップは去年の春、10球から14の花を咲かせました。あまりの忙しさに気の滅入っていた私には嬉しい贈り物でした。

例によって球根の手入れをしなかったので、はてさて、やせ細った球根をどうしたものかと。。。 近くの公園にこっそり植えちゃったのです。そこは、やっぱりこっそり植えちゃったであろうカボック(観葉植物だよ~)やら水仙やらが鎮座しているんです。

捨てるのは忍びないで植えた球根ですが(←優しいようで迷惑者)、小さくながらも育っています。花も咲くかな。頑張れ~~~っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

季節先取り? いさきの中華風蒸し

近くのスーパー。朝早い時間に行くと、お魚が丸のまま調理前の状態でパックに入って売っています。お昼になると、なぜか、切り身になったり、2つ切りになったり。

焼くのでも炊くのでも、どーせなら丸のまま、が私は好きです。
切り身はともかくとして、そう大きくもない魚がその風貌を保ちつつ、お腹のあたりで真っ二つに切られている姿が残酷に思えてなりません。(あれは何のため? お鍋に入らない? 少し大きめのお鍋には入るけど?)

いさき 698円。 あまだい 798円。

旬なのはあまだいだけど、小さいから2尾買うと予算オーバー。(予算なんてないけどサ。要るもんは要る!の江戸っ子主義。) いさきはちっと早い気もするけど、おいしそうにも見える。(←素人のくせに)

いさきを昆布で蒸して、中華風に‥といえばカッコイイけど、要するにごま油でジュッとしてみました。

Img_0457

作り方はこちら。時期がきたらまた作ってみようと思います。

ところで、魚を器に盛るときに、形がくずれちゃうことってありません?

横にひろ~い"返し"、これ便利♪です。

Img_0460

ぜんぜん関係ないけど、調理器具つながり。最近、かわいいマッシャーを買ったのでご紹介。

Img_0462

直径4.5cm。じゃが芋5~6個ならこの大きさで十分です。洗いやすいのもGOOD。

一般のと比べるとこんな違い。

Img_0463

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

ピアノの練習日記 3/14

3週連続のお稽古。さすがに忙しく、ピアノ弾くとPC触れなくて、やっぱり欲張りすぎたかなぁ‥なんて思っちゃいます。

アンダルーサ (グラナドス スペイン舞曲集より)

「自由に」でも「好き勝手に、じゃない」って難しい。。。

3小節‥ メロディーの出だし。テンポは落とさないが粘っこくテヌート気味に、歌の始まりを印象づける。
17小節‥ けだるい感じに。続く18小節で生気を取り戻す。
19小節‥ オクターブ和音は急ぐ必要なし。どんどんcresc.させるのを効果的にするにはたっぷり弾いたほうがよい。
22小節‥ ffの和音は十分に身体を鍵盤に乗せてから身体の重みで指が落ちるように。
24小節‥ 出だしシの音の扱い。前2つは大きな音で弾くが、ここは閉じてきたほうがよい。

32小節‥ 間の付点2分音符にテヌート。1小節の中に cresc./decres. をつくるイメージ。32~38小節を女性の問いかけ、39~46小節を男性が応えるように歌ってはどうか。
46・47小節‥ 右手ラレファ→ソミソ和音は指をスライドさせるのではなく、上からもう一度丁寧に押さえる。温かい音を作り出して終了させる。

「スペイン音楽のイメージってどんな風?」
「う~ん、音楽についてはわからないけど、『感情のまま』みたいな」
「そうね。楽しいときはとことん喜ぶ、悲しいときはとことん泣く、のように、『単純』という言い方はよくないかもしれないけど、フランス音楽のように何層にもなってて「ここってどういう意味?」となるのとは異なる気がするわよね。それでいいと思うの。」

次のお稽古はどーんと空いて4/11。「アンダルーサ」は仕上げを目指し、同じスペイン舞曲集から「アラベスカ」をみてくることになりました。ツェルニーもそろそろ再開しなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

ピアノの練習日記 3/7

先週に続いてのお稽古。一応バッハは卒業させてもらったけど、録音をしたいからキープしておきたいし、で、実際2曲録音してみたらトンデモナイ出来だし、新曲アンダルーサももひとつイメージつかめないし‥で、相変わらず慌しい1週間でした。

アンダルーサ (グラナドス スペイン舞曲集より)

1小節‥ 1小節の中でも色々なテンポがあっていい。機械的に6音叩くのではなく、最初を粘って、後半を急ぐ感じ。
5小節‥ 右手のシ♪ーミ♪をゆっくりめにねちっこく。
18小節‥ 音色が突然変わる。修飾音は速めにソ#♪にアクセントを。ffへ続く、左手もcresc.を手伝う。
20~21小節‥ ずーっとffではメリハリがなくなってしまう。ffの中にもsfやmfを使う。

32小節~‥ Andanteよりもゆったりめでもいいのでは? すべて自由表現にしてしまうとテンポ感がでないので、ある程度規則正しくするところと自由に弾くところを出していく。

家に帰っていろんなテンポを試していたら、ギターでガシャガシャガシャ(?)って鳴らす感じに近づきました。‥と、自分では思うのだけど、どうでしょ。今月は祝日があるので、また来週のお稽古。3週連続だよぉ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

演奏会

フランス組曲6番からブーレとジーグを録音してみました。

音が出せないのでヘッドフォンでもイケるmidiにしました。その昔、やっていた方法ですが、やり方忘れちゃったし、1年半ぶりの録音は緊張!の連続で、一向に思うような音になりません。

でも、録音して客観的に聞いてみると、"粗"がよく見えて勉強になるもんですね。

ブーレ フランス組曲6番(ホ長調)より

ジーグ フランス組曲6番(ホ長調)より

勇気のある方のみお試しくださいまし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

いただきました!「まんまんまー」

子供たちは1ヶ月ほど前から急激に言葉を理解し始めた様子。

まだ私たちで言う「日本語」は出てこないものの、本人たちは色々と「表現」している。二人の間では通じているようなので、彼らからみると、「私が理解してないだけ」なのだろう。

おいしいものを食べるとき、喜びの表現に「まんまんまー」というのがある。ヨーグルトやアイスクリームがこれにあたり、一口食べては「まんまんまー」、お互い顔を見合わせては「まんまんまー」と叫ぶ。私がいいと思って作るものは次点の「んっ!」しかもらえない。これはさながら「よし、合格」という意味のよう。

雛祭りのつもりのちらし寿司。

Img_0395

作る予定はなかったけど、桜色のでんぶを買ったので、残り物のササミ唐揚げを細かく刻んで和えてみた。

なんと! いただきましたー、「まんまんまーっ」。「まんまんまー」の連呼。

ところで、納豆をいくらに見立てて飾ってみたのですが、なんちゃってウソ、賞味期限だったの‥ ちらし寿司をいただくお箸で糸を切るのはどーにもこーにも不自然でした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

ピアノの練習日記 2/28

ブーレ - フランス組曲6番(ホ長調)

後半になるにしたがって4拍子に聞こえてくる。常に2拍子を意識しながら弾くように。最後の2小節は少しゆっくりめに。rit記号はないが、落ち着いて「終了」を聞かせる。

ブーレからジーグへ移る「間」はこれまでより長めにとる。終曲へ移る自覚を持って。

ジーグ - フランス組曲6番(ホ長調)

ブーレとジーグはほぼ同じテンポ。ただし、ジーグは音が細かいために速く聞こえるはず。細かい音がきれいに聞こえる工夫を。

出だし、シ♪より1拍目のミ♪にストレスをかけて、高い音と小節の頭を意識する。
7小節‥左右で8分音符が初めて揃う箇所。気持ちテヌート気味に「長い音」を確かめながら弾く。
19~20小節‥レガートを楽しむ。前半の刻みとは違う女性らしさを。39~41小節も同様。41小節は一気に弾き切る。47~48小節‥ゆっくりめに。曲の終わりとともに、組曲の終了を聞かせる。

フランス組曲ホ長調は卒業です。まだ録音をしていないんだけど‥ いつ、どうやって録ったらいいのか? ピアノの音をマイクで拾ってPCで直接入力していましたが、そのためには音を出すことに。音を出せば「俺に弾かせろ~」と手が伸びてくる。PCのケーブルは抜かれて舐めまわされる。うーむ。考えてる間に弾けなくなっちゃいそうです。

アンダルーサ (グラナドス スペイン舞曲集)

バッハでは「淡々と弾く」というか、客観的な音楽だったので、それに慣れてしまったのか、「感情的に弾く」ことに照れてしまう‥ お稽古を受けたら変わるのでしょうが、なんとなく、以前に習った「ショパンのマズルカ15番(ハ長調 作品24-2)」のイメージ。埃が舞うような響きと中間部の女性的な感じ。さて、実際どうでしょう?

私が出だしを弾いたとき、「あー、やっぱりコレにしてよかった!」と先生。ふぅん、そうなのか‥ 私自身、まだ「わかんない」だらけで、「楽しさ」は沸いてきませんが、そう言ってくださるのならこれから楽しくなりそう。

スペインの音楽は「やりすぎ?」ってぐらい感情的にしたほうがいい、そうです。例えば "poco rit." とあれば、私たちが通常思うソレの2倍3倍に、など。

次回、来週です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »