トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ピアノの練習日記 1/31

熱男(と命名)の体調も落ち着き、先生のご好意で振替えレッスンをしていただきました。
(ところで、39.8℃なんてのが3日続きその間ほとんど起き上がれなかった熱男、歩き方を忘れてしまったのか、時々ハイハイをしています。私も2ヶ月入院したあと、階段をうまく上れない・降りれないのに愕然としました。)

集中して練習する時間がとれないから短い曲じゃないと‥ということでフランス組曲にしたのですが、よかったんだか悪かったんだか、だーって8曲も同時進行なんですもの! お昼寝中にヘッドフォンで弾いていますが、おかげでここんとこお昼ごはん抜き。ま、楽しいからいいですけどネ。

アルマンド - フランス組曲6番(ホ長調)

12小節‥ 16分音符を残して歌が変わる。拍を数えるのに一生懸命だが(エヘヘ^^;)歌が一度終わり、更に明るい音が始まることを意識して。
全体的にはいい調子に仕上がってきている。

クーラント - フランス組曲6番(ホ長調)

1小節‥ 出だしのミ♪ミー♪は3指で連続するが、後の長音が当然響かせなければいけない。指を立ててあまり上げないで突き刺して弾くように。
6小節‥ 自然にdecres. このとき、少し速度を落として、7小節目を流さないように気をつける。
8小節‥ ここに限らずトリルが前の音の続きのように流れてしまいがち。バロックのトリルは「アクセント」や「長音」の意味合いが強く、前の音とは切り離して弾きたい。
16小節‥ 16分音符を残して歌が終わる。慌てて次の歌へ入らず、呼吸をととのえる。27~28小節‥ 左手ミ♪→レ#♪の指使い5-3は弾きにくいが切りたくない。体重を左へ倒し手は上から構えるように弾く。

サラバンド - フランス組曲6番(ホ長調)

4・8小節‥ 4小節目の右手のように同じ和音を弾きなおす場合、また8小節目のように主旋律が同じ音を弾きなおす場合、2つ目の音は小さめに。バロック時代のピアノで長音にならないものを長音化するものと考える。タイになっている版もある。

ガヴォット - フランス組曲6番(ホ長調)

4小節‥ トリルの頭の音にアクセントを。前の音から流して弾いてしまわず、新しい音を聞かせることに注意を払う。
18・19小節‥ 最後になって2声目に新しい旋律。遊びを楽しんで。

メヌエット・ポロネーズ - フランス組曲6番(ホ長調)

これがさ、テンポがわからないのよ、テンポが。私の楽譜には何も指示がないし、CDは持ってないし、ネットでmidiを検索するもいろんな速度がある。「メヌエット」っていうんだから、どっしりゆっくりな気もするし、「ポロネーズ」とつくからちょっと速く moderato ぐらい? でも、曲の雰囲気はブーレみたいにくるくる回るように弾いたほうが可愛く聞こえる。ってことで、速く弾いていったらこれが大間違い!(ポロネーズはタンタタタンタンタンタン♪というリズムが入ったポーランドの舞曲。踊りといっても列をなして歩くイメージ。)

「ガヴォットが軽快だから対比を聞かせるにはメヌエットの速度で十分よ」だそうです。あちゃっっっ

でもね、これは先生には言わなかったんだけど、次の「プティ・メヌエット」とはどう対比させましょう? 曲想はプティメヌエットのほうがゆっくりどっしりの気分、低音が響くからかしら、太ったお金持ちが贅肉揺らしてる感じ。ただ、そもそもこのプティメヌエットが組曲のどこに配置されるかは版によって違うらしいのです。この順に弾くということで、次のお稽古までに考えてみようと思います。

21・22小節‥ 指使いがすべってしまいやりにくい。→ 1-2-3-1-3-1-2-3 に変更。ただし、手首をあげないまま推移させるように。

プティ・メヌエット - フランス組曲6番(ホ長調)

2小節‥ 右手最初の2拍をスラーでつなげて、3拍目前に小さなブレスを入れるように。2拍目にcresc.を頭をもってくるが、3拍目の音は短すぎないよう、フラットに弾く。

ブーレ - フランス組曲6番(ホ長調)

「典型的なバロック音楽ね。いい感じで弾けてるから、強弱や聞かせたい歌をあなたなりに書き込んでみて。もっと意識して弾けるようになるから。」ってことで宿題。

2小節‥ 2拍子を意識。4分音符を前の8分音符のついでに弾くのではなく、1拍目であることを考える。

「最後のジーグは?」「あ、まだ最後まで見れてないんです、ゆっくりでしか‥」「こういうのは暗譜してからじゃないとね。じゃぁ来週はジーグから始めましょっ」 
くぅぅうぅ、プレッシャー。昼間だけではとても間に合いそうになく、夜寝静まってからヘッドフォン開始♪です。

朝、夫を車で会社まで送り、昼、お稽古へ行き、夜、また夫を車で迎えに行く。2人連れで3回をこなすと、あ゛~働いたーーーという気分になりました。最初は一人ベビーカー一人抱っこ紐だったのも、乗り降ろしが面倒になり一人はそのまま抱きかかえ片手でベビーカー。3度目はそれも億劫になり、両腕に一人ずつ抱きかかえ車まで運ぶ。
毎年半袖になると「こんなに二の腕太かったかなぁ?」と落胆するのですが、今年はさらに磨きがかかりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

いきなり?ピアノレッスン欠席

再開後、2度目のピアノのお稽古。

‥の、はずだった。なのに、いきなりかい!? 「すみませんがお休みさせてください。」夜中から双子の1人が高熱。

彼はよく熱を出す。何かイベントがあると察知するように思う。前回は元旦だった。ま、これは大晦日から熱を出した私のが移ったということにしよう。その前はクリスマス会だった。夫が久しぶりに2週間のアメリカ出張へ行く日に合わせて、だったこともある。熱さえださなければ私独りでもなんとか‥と言っていたら、その熱!なのさ。夏と秋には、熱を下げる抗生物質を点滴するため入院した。私は24時間つきそい看護となり、じゃぁもう1人はどうすんのよぉ、だった。

そして、今回は夫が横浜へ出張する日だった。日帰りなので夜が遅くなるのは大変だなぁ‥ 私一人で二人をお風呂に入れなきゃならないし。

この先、学芸会といっては熱をだし、遠足といっては熱をだし‥なのかもしれない。

もう1人は‥というと、りんごだ苺だバナナだ、と1日に何度ももらえて嬉しそうなのであった。

ところで。

私はとても人に恵まれているんだと思う。

私の都合で休んだピアノのお稽古なのに、先生は「来週水曜日、時間は違うけど空いてるから代わりにどう?」と言ってくださった。「また熱で‥」というと、おばちゃん(東京の叔母の親友が近所にいて時々手伝ってくれている)は「じゃ、いますぐ行くわ」と駆けつけてくださった。

どこまで甘えていいのかわからないけど、また、甘えさせていただきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

菊の一日

猫の菊ちゃん。

名前は「菊(きく)」ですが、ずっと「ちゃん付け」で呼んでいるので「菊ちゃん」でワンワードのようなもんです。

菊の一日は「ご飯食べて、トイレ行って、寝る」。私が忙しく走り回っていても手伝う気持ちは沸かないみたい。長~い時間が経って、一度か二度寝返りを打っただけの菊ちゃんを見ていると、「そんなに焦ることもないのかもしれない‥」と感じるのです。

Img_0113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

松竹梅

お節で残った栗の甘露煮で炒め物を一品。

Img_0167 鶏肉団子や数種の野菜と一緒に炒めました。甘露煮の汁を少しだけ足して、お醤油。甘辛味は白いご飯がすすみますよね。ホントは豆板醤を加えたい、でも、今回は子供向けにぐっと我慢。

右のお皿はどれも江戸時代後期の伊万里焼。

Img_0169_2 Img_0179_2

Img_0182_1 窓の中に松と梅が描かれています。松竹梅を考えると、垣根のような模様は竹をイメージしてるのではないかなぁ‥と勝手に思っている次第。

松竹梅は「おめでたい」柄であって、お正月限定ではないけれど、凛としていて、1月向きにも思います。ま、夏になったらなったで、「涼しそうで良い」な~んて私は言ってるんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

ピアノの練習日記 1/10

1年4ヶ月ぶりにピアノのレッスンに行ってきました。

ピアノのレッスンに通うということは「家で練習する時間を確保すること」と「朝、夫を車で送り、昼、レッスンに行き、夜、夫を迎えに行く、計3回を二人の子供を連れて行う」ことになり、両者ともチャレンジ!なんです。今日は夫に朝ゆっくりと行ってもらい、計2回にしたのですが。ちなみに子供たちは一人を抱っこ紐で、もう一人をベビーカーで移動させます。

先生やスタッフの方から何度も「子供はスタッフで見てるからできるだけ早く戻っておいでよ」「月2回に減らしても大丈夫だから早く戻っておいでよ」と誘っていただいていて、練習する時間がどれだけとれるのだろう?と不安はいっぱいだったのですが、時間がとれないから‥と先延ばしにしていては一向に時間の工夫をしないだろうし、えいやっ!で始めてみることにした次第。

久しぶりのお稽古場は‥ 先生と時々お会いしていたことも手伝ってか、そーんなに久しぶりの感じもしません、1年なんてあっという間ですね。でも、ピアノを弾くのは緊張しましたー。音がカタイ^^; 脳の今まで使っていなかった部分が急にカチャカチャカチャカチャ動き出したように覚えました。

曲は途中まで習っていたフランス組曲(ホ長調)をもう一度最初(アルマンド)から習うことにしました。途中で止まってる曲はいくつもあるけど、邪魔がしょっちゅう入る中で長い曲は大変そうだし、あまりに難しい曲(ショパンのエチュード1番も途中どまり)なんかはピアノ辞めたくなっちゃいそうだし(笑)ネ。

アルマンド - フランス組曲6番(ホ長調)

5・6小節‥左手のスラーを歌う。陽と陰を感じる。
8小節‥ファ - レ♪はスラー。新しい歌が始まったことを意識する。
14小節‥左手最後の音から新しい歌。強く始まり音のつながりを持ってdim.をかける。
17・18小節‥陽と陰を弾きわける、fとpを交互に。20小節‥右手は新しいフレーズに意識的にスラーをかける。動きをもって。
27・28小節‥自然にrit.かける。あまり弱めず、明るいまま終了したほうがクーラントにつなげやすい。

私のアルマンドのイメージを漢字一字で表すなら「優」。思いやりのあるお姉さん、みたいに感じています。

クーラント - フランス組曲6番(ホ長調)

クーラントのイメージは「躍」。でも、テンポを上げるとばらけてしまうんですよねぇ。

10・11小節‥前半で一番盛り上がるところ。思い切ったfで。ペダルも使って派手に。
13・14小節‥cresc./dim.を表情としてつけるが、直前に派手な盛り上がりがあるためにここでは力を貯める感じで、歌が終了することを表現する。
26・27小節‥後半の盛り上がり。右手は思い切ってcresc.させる。
32小節‥ペダルを踏み変えて左手の低音を残さない。どの音が最後まで響くべきなのかを考える。勢いのあるまま終了して、続くサラバンドとの色の違いを示す。

サラバンド - フランス組曲6番(ホ長調)

曲を通して「高音で歌を、その他の音は伴奏」にするように。和音、右手1が大きくなりやすいので、身体の重心を調節して弾く。

「霧」のイメージはあるんだけど、私が弾くと「元気いいわねぇ、それ以上速く弾かないでよぉ」。ぐずん。

ガヴォット - フランス組曲6番(ホ長調)

2拍子であることを意識するには、1拍目を強めに、2拍目を小さめにするとよい。
2・3小節‥高音にスラーをかけて動きを出す。12小節‥急速にdim.次のフレーズは「陰」で。
17小節‥中音の指使い 1-1-1 の指示だが 2-1-2 に変更、最後の音#ド♪を目立たせないため。

子供の夕食を済ませ、夫を迎えに車に乗りました。夜、外に出ることなんてほとんど経験がないからか大泣きでした。ごめーん。今後もあるから慣れてね。(笑) 普段慌しく入るお風呂は子供が寝てからに調整、そのためこの日はゆっくり入浴。
ピアノを習わせてもらって、長湯をさせてもらって、私は本当に幸せ者です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

ドキドキ 明日は1年半ぶりのレッスン

ピアノの先生に「お稽古に戻りたいです」とお願いしたのが先月の頭。

明日がその最初のレッスンとなる。一昨年の9月が最後だから実に1年半ぶり。うわぁ、ドキドキするなぁ。それなのにちーっとも練習できてないんだーーーっ。

先生がおっしゃってくださった「ゆっくり進めていきましょうよ」にそのまま甘えていいのか‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

和風のグラタン皿

ネットで見つけた素敵な器屋さん、さんすいさんに出会ったのはかれこれ2年以上前。ずっとバタバタした生活が続き注文できずにいましたが、見るたびに欲しいものばかり。今回やっと「初さんすいさん」となりました。

Img_0097 赤絵のグラタン皿。和風のものって珍しいと思いませんか。
味噌味のツナを使って豆腐のグラタンにしてみました。

私がコメント欄に「欲しい器はたくさんありますが、最初は子供も一緒に食べれるグラタン(皿)にします」と書いたら、「自分だけのご褒美に‥と言われる方が多いのに頭が下がります」なんて返答をいただきました。

ちがうのよ、ちがうのっ!

Img_7163_1 自分だけのご褒美には、すんごい器をすでに買っちゃってるんです。江戸中期の古伊万里、藍柿です。舟形で菊の花びら型(輪花)で、私が好きな菊模様が描いてあります。
お値段?きゃはは、言えないですぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

吹雪に梅、いとをかし

ひゃ~ 寒かったですねぇ。

ちょっと早くないかい? ベランダの梅が昨日咲きはじめ、今日は吹雪の中、お部屋から梅の花観賞となりました。なんていうほど、優雅じゃなくて、いつもと同じ慌しい一日だったけどね。

Img_0126_1

「吹雪に梅」ではなくて。「氷裂に梅」という紋様があります。春を待ち望む図。 1525299_img

なんて粋なんだろうと思う傍ら、「粋」という言葉を使っていいものか悩みもします。 粗末な家の暖房器具もない昔の冬がどれほど過酷だったでしょう。冬を越えられずに落とす命がどれだけあったことでしょう。 春を待つ気持ちは私たちにもありますが、その切実さは比べようもないものだと想像します。
今日の吹雪はそんなことを想わせました。暖かい部屋で過ごせることに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

私のこと 其の1

これを書くべきかは本当に迷っている。

元々やっていたサイト「彩庵」でも告白しようかどうしようか‥迷いに迷ってまだ実現していない。

書いても「公開」にはならないかもしれない。でも、私の気持ちをまとめるにも一度文章にはしたいと思っている。

あらすじ:

1. 初めての子供を分娩時に亡くした。6年前のこと。

2. ショックから数々の精神病を患い、会社を辞めて、引きこもった。

3. 妊娠するも流産を繰り返す。何度もあちこちの病院で検査を受けたが「異常なし」と言われる。流産は5回にのぼった。

4. これで最後と決めて別の病院で検査を受ける。初めて「異常」がわかる。50%の成功率だが対処法がある。

5. 妊娠して、その対処法治療を受けながら妊娠を継続する。双子であったこと、今までの経緯などから分娩までいきつく可能性は10%程度と断言される。

6. 出産は無事にできた。双子の育児とはとんでもなく大変。

7. 息子たちは現在13ヶ月となり、私にも少し時間ができてきた。ピアノを習うことを再開、このブログもスタートしてみた。 引きこもりの5年間、私を支えていてくれたのはピアノとホームページを介しての人との出会いだったから。

こんなとこかしら。自分と向き合うのってキツイね。「其の2」はまたいつか書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

元旦の器たち

だ~い好きな器遊び。
伊万里、古伊万里が大好き。現代の磁器も陶器も大好き。つまり器がだ~い好きっ

今は器遊びに興じる時間やお料理に凝る時間が限られてるけど
ついでに昨日から熱もあるし元旦の朝はこんな感じでした。

Img_0103

我家にはいわゆる「おせち料理」はなくて、いくつかの口取や祝肴以外は、少しだけ手間をかけた料理となります。しかーし、手間をかけられない今年は大幅手抜き~。

ご覧いただきたいのは器の美しさ。

高価なので毎年1枚2枚と注文してきたお皿がやっと5枚集まりました。Img_0120 Img_7158_1

深川製磁のもので「ミート皿」と名打った8寸の洋皿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

はじめまして

Img_0098 いろんなことがあって、まぁその「いろんなこと」ってのは追々話すとして、
元々持っていたホームページのサイトには手をつけられないまま1年強。また、すこ~し時間が持てそうだから書くことを始めたいと思います。今はまだホームページは大変そうだから、 だーってHTMLなんて忘れちゃったよぉ、
このブログスペースをお借りしました。

ここをご覧になられた方、はじめまして。どうぞよろしくお願いします。

えーっと

お正月っぽくお花を投げ入れてみたんだけど、なんだかちぐはぐ?
デンファレ(白いやつ)がシンメトリでないほうがいい気がするんだけど、切ってしまうと花がなくなってしまうー。クリスマスのときから現役のバーゼリア(実みたいなやつ)を「もったいないもん」と加えるから安っぽくなる?
生け花やフラワーアレンジメントを習う!となるとオオゴトだけど、草木や花がお部屋にあるのは大好きだから、一度習ってみたら少しはポイントがわかるのかもしれませんね。

なんだかしんどい‥と思ったら、大晦日に熱だしちゃいました。「ちぐはぐでしょう」とお叱りを受けるかもしれない我家のお花はこの熱のせいにしようと思います。

ところで、チューリップ、明日になると茎が5cmぐらい伸びてる(はず)なんですが、この手のものは毎日切り直すものなのでしょうか。
皆様、どうされてます?
菜の花なんかトンデモナイよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »