« ドキドキ 明日は1年半ぶりのレッスン | トップページ | 松竹梅 »

2007年1月10日 (水)

ピアノの練習日記 1/10

1年4ヶ月ぶりにピアノのレッスンに行ってきました。

ピアノのレッスンに通うということは「家で練習する時間を確保すること」と「朝、夫を車で送り、昼、レッスンに行き、夜、夫を迎えに行く、計3回を二人の子供を連れて行う」ことになり、両者ともチャレンジ!なんです。今日は夫に朝ゆっくりと行ってもらい、計2回にしたのですが。ちなみに子供たちは一人を抱っこ紐で、もう一人をベビーカーで移動させます。

先生やスタッフの方から何度も「子供はスタッフで見てるからできるだけ早く戻っておいでよ」「月2回に減らしても大丈夫だから早く戻っておいでよ」と誘っていただいていて、練習する時間がどれだけとれるのだろう?と不安はいっぱいだったのですが、時間がとれないから‥と先延ばしにしていては一向に時間の工夫をしないだろうし、えいやっ!で始めてみることにした次第。

久しぶりのお稽古場は‥ 先生と時々お会いしていたことも手伝ってか、そーんなに久しぶりの感じもしません、1年なんてあっという間ですね。でも、ピアノを弾くのは緊張しましたー。音がカタイ^^; 脳の今まで使っていなかった部分が急にカチャカチャカチャカチャ動き出したように覚えました。

曲は途中まで習っていたフランス組曲(ホ長調)をもう一度最初(アルマンド)から習うことにしました。途中で止まってる曲はいくつもあるけど、邪魔がしょっちゅう入る中で長い曲は大変そうだし、あまりに難しい曲(ショパンのエチュード1番も途中どまり)なんかはピアノ辞めたくなっちゃいそうだし(笑)ネ。

アルマンド - フランス組曲6番(ホ長調)

5・6小節‥左手のスラーを歌う。陽と陰を感じる。
8小節‥ファ - レ♪はスラー。新しい歌が始まったことを意識する。
14小節‥左手最後の音から新しい歌。強く始まり音のつながりを持ってdim.をかける。
17・18小節‥陽と陰を弾きわける、fとpを交互に。20小節‥右手は新しいフレーズに意識的にスラーをかける。動きをもって。
27・28小節‥自然にrit.かける。あまり弱めず、明るいまま終了したほうがクーラントにつなげやすい。

私のアルマンドのイメージを漢字一字で表すなら「優」。思いやりのあるお姉さん、みたいに感じています。

クーラント - フランス組曲6番(ホ長調)

クーラントのイメージは「躍」。でも、テンポを上げるとばらけてしまうんですよねぇ。

10・11小節‥前半で一番盛り上がるところ。思い切ったfで。ペダルも使って派手に。
13・14小節‥cresc./dim.を表情としてつけるが、直前に派手な盛り上がりがあるためにここでは力を貯める感じで、歌が終了することを表現する。
26・27小節‥後半の盛り上がり。右手は思い切ってcresc.させる。
32小節‥ペダルを踏み変えて左手の低音を残さない。どの音が最後まで響くべきなのかを考える。勢いのあるまま終了して、続くサラバンドとの色の違いを示す。

サラバンド - フランス組曲6番(ホ長調)

曲を通して「高音で歌を、その他の音は伴奏」にするように。和音、右手1が大きくなりやすいので、身体の重心を調節して弾く。

「霧」のイメージはあるんだけど、私が弾くと「元気いいわねぇ、それ以上速く弾かないでよぉ」。ぐずん。

ガヴォット - フランス組曲6番(ホ長調)

2拍子であることを意識するには、1拍目を強めに、2拍目を小さめにするとよい。
2・3小節‥高音にスラーをかけて動きを出す。12小節‥急速にdim.次のフレーズは「陰」で。
17小節‥中音の指使い 1-1-1 の指示だが 2-1-2 に変更、最後の音#ド♪を目立たせないため。

子供の夕食を済ませ、夫を迎えに車に乗りました。夜、外に出ることなんてほとんど経験がないからか大泣きでした。ごめーん。今後もあるから慣れてね。(笑) 普段慌しく入るお風呂は子供が寝てからに調整、そのためこの日はゆっくり入浴。
ピアノを習わせてもらって、長湯をさせてもらって、私は本当に幸せ者です。

|

« ドキドキ 明日は1年半ぶりのレッスン | トップページ | 松竹梅 »

コメント

ピアノ復帰本当におめでとう!
最初からこんなに本格的なレッスンでビックリです。
先生とおしゃべりしていたら時間が過ぎちゃった・・・じゃ、ないんだね。
けいこさんのフランス組曲5番に刺激されたことが昨日のことのように思い出されます。
今度は6番なんだね。
なんだか感無量だわぁ~。

自分と向き合うのってキツイです。
でも、傍らの可愛い二人の生命力はけいこさんに強い力を与えてくれると思います。
素晴らしい時間がたくさん訪れますよ~に♪

投稿: Ekko | 2007年1月15日 (月) 21時57分

復帰おめでとうございます*^^*
先程、Ekkoさんの所で知ってやって参りました。

皆がフランス組曲で繋がっていたので、私も今年は!!って思っています。でも無理かも。。

またけいこさんのピアノが聴けると思うととても嬉しいです♪

小さいお子さんがいての練習は大変ですが(私も経験済みョ)大丈夫、何とかなるから。頑張ってくださいね。

投稿: ayayan | 2007年1月16日 (火) 09時37分

Ekkoさん、ayayanさん(アルファベットに改名?)、早速お越しいただいてありがとう♪です。

フランス組曲6番は途中まで見ていただいてたんだけど、なんせ1年4ヶ月前の話なので、もう一度最初から‥にしました。
先生は「時間がとれないのはわかってるからゆっくりやりましょーよ」と言いつつ、「最後(ジーグ)まで見てあるの?」「弾いて欲しい曲がいっぱいあるのよぉ」とジャブも入れてきました!(笑)

でもとにかく、私の生活に「ピアノの時間」が組み込めることが嬉しくて嬉しくて。
今後ともよろしくお願いしまーす。

投稿: けいこ | 2007年1月16日 (火) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197994/4877997

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習日記 1/10:

« ドキドキ 明日は1年半ぶりのレッスン | トップページ | 松竹梅 »